ハイドロカルチャーのガラス鉢に藻が生えた!その原因と対策とは?

ハイドロカルチャー ゼリー

土を使わず、水耕栽培で観葉植物を楽しむ「ハイドロカルチャー」。

最大のメリットは「清潔・無臭・お手入れが簡単!」ということで、観葉植物の初心者さんにも人気です。

しかし、「しばらく部屋に飾っていたら、ハイドロカルチャーのガラス鉢に藻が生えてきた!」というトラブルも。

清潔なはずのハイドロカルチャーで、どうして藻が生えるの?見た目が悪くなったんだけど、どうしたらいい?

今回は、そんなハイドロカルチャーの「藻」の対策について解説します!

ガラス鉢に藻が生える原因は「日光」

水耕栽培 日光イメージ【写真AC】

金魚やメダカを飼ったことがある方ならご存知かもしれませんが、ハイドロカルチャーのガラス鉢に藻が生える原因は、ズバリ「日光」です。

「じゃあ、日光があたらない場所に置いたらいいのでは?」と思われるかもしれませんが、植わっている観葉植物には日光が必要です。

日光があたらない場所でも、しばらくは楽しめますが、蛍光灯などの光だけでは、だんだんと観葉植物の色つやが悪くなり、弱ってしまいます。

日光をあてると藻が生えてガラス鉢の見た目が悪くなり、日光をさえぎると観葉植物が弱ってしまう。

さぁ、あなたなら、どうしますか?

ガラス鉢でハイドロカルチャーを楽しむなら選択肢は2つ!

ハイドロカルチャー 観葉植物イメージ【写真AC】

ガラス鉢でハイドロカルチャーを楽しむなら、藻の発生は避けられません。

ガラス鉢の部分だけ、日光があたらないように覆う方法もありますが、少なからず植物に日光があたっている環境では、遅かれ早かれ藻は生えてきます。

その上で、あえてガラス鉢でのハイドロカルチャーを楽しみたい方のために、以下の2つの対処法をご提案します。

【対処法 その1】
藻が生えるまで「期間限定」と割りきって楽しむ!

「水と日光があれば藻が生える」「観葉植物には日光が必要」、どちらも至極自然なこと。

自然に逆らわず、観賞のメインである観葉植物の健康を優先して、レースのカーテン越しくらいのやさしい日光をあててあげましょう。

そして、「やっぱりガラス鉢に藻が生えてきた!」となれば、その鉢の役割はそこまでです。

植わっていた観葉植物は、生育にむいているハイドロボールやセラミスなどに植え替えるか、土植えに戻すなどして、いたわってあげてくださいね。

【対処法 その2】
藻が生えたら洗う、を繰り返して長く楽しむ!

ガラス鉢はもちろん、ハイドロカルチャーで使われているカラーサンドやジェルボールなどは、洗って何度でも使えます。

つまり、これらの植え込み資材の場合、洗うことがめんどうでなければ、「藻が生える」というのは、たいした問題ではないんです!

「じゃあ、洗ってみようかな……」という方のために、ガラス鉢やカラーサンドについた藻を洗う方法についてご説明しますね。

ただし、これは正式な方法ではなく、私が園芸店の販売員だった頃、勝手におこなっていた方法ですので、ひとつの例としてご参考にしていただければと思います。

ガラス鉢やカラーサンドの藻を洗い落とす方法

ハイドロカルチャーに使われる植込み資材には、大きくわけて、以下の2種類があります。

◆インテリア性重視のおしゃれ資材ハイドロカルチャー ジェルボールイメージ【写真AC】

カラーサンド、カラーストーン、ジェルボール、ビー玉など

◆植物の栽培に適した水耕栽培用土ハイドロカルチャー ハイドロボールイメージ【写真AC】

ハイドロボール、セラミスなど

後者のハイドロボールやセラミスなどは、一度藻がつくと取れにくいので、「ガラス鉢での再利用」はむずかしいかもしれませんね。

私は、藻がついたハイドロボールやセラミスは、もうハイドロカルチャーでは使わず、ふつうの土に混ぜて使うようにしています。

ということで、ここでは、前者のおしゃれ資材「カラーサンド」で観葉植物を植えたガラス鉢を例にあげて説明しますね。

《用意するもの》

・ガラス鉢ごとすっぽり入る大きさのボウルまたはバケツなど
・ガラス鉢を洗うスポンジ
・スプーンまたは小さいスコップなど
・水腐れ防止剤(使う方のみ)

《手順》

1.植物を抜く
植物が植わったままのガラス鉢になみなみ水を入れ、ガラス鉢の中が浮力でゆるゆるになったら、カラーサンドをできるだけふり落としながら、そーっと植物を抜く。

2.カラーサンドを洗う
カラーサンドをなみなみ入れた水ごと大きなボウルなどにあけ、そこに水を足してぐるぐるかき混ぜて洗う。藻が浮いてくるのでお米を洗うときの要領で水と藻を捨て、藻が浮かなくなるまで繰り返す。

3.ガラス鉢を洗う
藻が少しでも残っていると、すぐにまた繁殖してしまうので、スポンジなどを使ってしっかり落とす。水道水のカルキ汚れなども落としておく。

4.植え込む
ミリオンAなど水腐れ防止剤を入れる場合は、ガラス鉢の底に入れ、次にスプーンなどで、カラーサンドを鉢の半分→植物→残りのカラーサンドの順番で入れる。

5.整える
スプーンなどで表面を軽く押して整える。可能なら、一度ガラス鉢になみなみ水を注いで軽く揺すれば、カラーサンドのあいだの隙間がギチっと埋まり表面もきれいに整う。水は鉢の1/3程度になるまでそっと捨てる。

以上が、基本的な藻の洗い落とし方です。

ジェルボールやゼリーなども、このぐるぐる洗いで藻を取ることができますよ。

カラーストーンやビー玉などは、タオルに包んで水中に沈め、タオルの上からゴロゴロ転がすようにこするときれいになります。

また、鉢のイメージを変えたい場合は、このタイミングで、カラーサンドをジェルボールに変えたり、別の観葉植物に変えるのもいいですね。

次は、ハイドロカルチャーで楽しめる、かわいいジェルボールやガラス鉢などをご紹介します!

ハイドロカルチャーに使えるおしゃれ雑貨

ハイドロカルチャーのガラス鉢は、口の大きな花瓶、花器などでも代用することができます。

植える植物の大きさや形状、置きたい場所などに合わせて、イメージ通りの植え込み資材やガラス鉢を探してみましょう!

amazon

水でふくらむジェリーボール 【約3000個】 (ミックスカラー)

amazon

カラフルコーン (ミント) 中粒  0.8L

amazon

レインボーサンド 中粒 空 200g

amazon

ハイドロコーン 中粒 2L

amazon

セラミスグラニュー 1.25L

amazon

ミリオンA 500g

amazon

ハイポネックス キュート ハイドロ・水栽培用 150ml

amazon

見守り猫 フラワーベース

amazon

水栽培ガラスベース

amazon

ミニガラスフラワーベース ドーム クリア

amazon

ガラス 花びん  (15cm)

amazon

テーブルアクアグラス フラットポット M

amazon

ガラス花器 シャーレ180

植物を植える容器は、植物の1/3程度の高さが理想です。

植えたい植物は、上に伸びる?横に広がる?

成長する姿を想像しながら、ピッタリの容器を選んでくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

□ハイドロカルチャーとは土を使わず観葉植物などを育てる水耕栽培のこと
□ハイドロカルチャーのガラス鉢を日光にあてると藻が生える
□藻が生えてもガラス鉢やカラーサンドなら洗って何度でも使える

以上のことをお伝えしました。

ハイドロカルチャーの藻の問題は、本当にやっかいですよね。

「藻が生える」→「見た目が悪くなる」→「関心が無くなり水やりを忘れる」→「枯れる……」、とならないことを願うばかりです。

なお、ハイドロカルチャーは、ガラス鉢を使わず、ハイドロコーンに植わっている「ハイドロ苗」を使えば、管理の手間は格段に楽になりますよ!

藻の心配も、ほとんどありません。

詳しい内容は別記事でお伝えしますので、よかったらまた、「日々晴天ラボ」に遊びに来てくださいね!