20代でやっておけばよかったことは?女性ライター4人に聞きました

 

もしも、人生を20代からやり直せるとしたら・・・

あなたは何をしますか?

晴天ラボ編集部の女性ライター4人が「20代のとき、コレやっておきたかった~!」と後悔していること、今からでもやり直したいことを聞きました。

人生に”もう遅い”はありません!いつからでも、どこからでも、やり直せるチャンスは目の前に。

 

18きっぷで日本縦断


極めろ!文系 ぐっち

大学生の頃はあまり旅に興味がなく、友人からの誘い待ちだった消極的旅行者でした。ひょんなことから鉄子となった今、若くて時間のあるうちに無謀な旅をしておくべきだったと後悔。当時、18きっぷ一枚で日本はギリギリ縦断できたそうなので(今は難しいらしい)、度胸試しと社会勉強に過去の自分を放り出してやりたいです。(おそらく次にこういう旅がめぐってくるのはシニアになってからなので)

 

 

一人暮らし

ゆとり世代の化身 パン

30歳になってやっと一人暮らしをはじめたのですが、楽しすぎ&快適すぎで、もっと早くしておけばよかった~!と後悔しています。

年をとるほどに兄弟の結婚・出産などで実家の居心地が悪くなるうえ、親の介護問題で独立もしづらくなるという、八方ふさがりの状況に。だから社会人になったら一日も早く家をでるべきです。貯金がなくても、会社員ならなんとかなります。あと貧乏時代のエピソードは後々ネタにできて、オイシイぞ!

 

 

聖書の時間、寝ずに学べばよかった


迷える子ひつじ  Yummy

私は公立高校の受験に失敗し、併願していた私立のミッション系のお嬢様学校に通っていて、公立に落ちたショックと、馴染めないお嬢様たちとの学生生活に落ち込むばかりでした。学校の目を盗んでは全共闘世代の兄たちの活動を支援して、デモに参加したりして、毎朝の礼拝や聖書の時間はほとんど寝ていました。

でも今、人生を考えると聖書に触れることも多くなり、あのときにチャプレンの説く「善きサマリア人」「ローマ人への手紙」など、もっとちゃんと聞いておけばよかったと後悔ばかりしています。

 

 

英文法の勉強や洋書を読むこと

庶民派トラベラー ねこマタタビ

英語を本格的に勉強しだして痛感した「基礎力のなさ」。会話力を伸ばすにしても基本的な文法の知識と運用力は不可欠です。カナダで生活しているときはもちろん、今でも「もっと学生のときに勉強しておけば良かった…」と後悔することしばしば。語学の習得は時間がかかるということを肝に銘じて、まずは、基礎をしっかりと骨身に染み込ませることが大事かと思います。また、翻訳本や原書を読むこともやっておけばよかった、と思うこと。英語特有の思考や言い回しに見慣れるためにも、やっておいて損はないと思います。

 

 

いかがでしたか?

一見、ムダに思えることでも、目の前にあることは人生においては必然で、自身が経験すべきことなのです。

だから、ぜひあきらめずに取り組んでみてください。

ますます揺れ動く、激動の時代を生きぬく力になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です